kometsutsuji kometsutsuji

コメツツジ

Rhododendron tschonoskii

 山地や亜高山の岩地や稜線沿いに自生しています。樹高は高くても2mほどで、こんもりとした樹形になります。葉は輪生状に互生で付きいて長さが1〜3cmと小さく、その縁や表裏に淡褐色の毛に覆われています。淡褐色の毛は若い枝にも多く、樹皮は灰褐色です。6〜8月、花冠が漏斗状で5裂した長さが5mmの小さな白い花を枝先に複数個咲かせます。[1][2][3][4]

米粒のような

 小さな蕾が米粒に似ている、または米粒のように花が小さいことから、その名がついたと言われています。当種には亜種や変種があります。葉がさらに小さく花冠が漏斗状で浅く4裂するチョウジコメツツジ (Rhododendron tschonoskii var. tetramerum)、葉が大きく花冠が4裂する亜種のオオコメツツジ(Rhododendron tschonoskii subsp. trinerve)。また、オオコメツツジよりもさらに葉が大きく花冠が5裂するハコネコメツツジ(Rhododendron tsusiophyllum)もあります

Gallery

Rhododendron tschonoskii

樹形

樽前山

Taken on June 23, 2013


 山地や亜高山の岩地や稜線沿いに自生しています。樹高は高くても2mほどで、こんもりとした樹形になります。

樹形

樽前山

Taken on Aug. 3, 2018


樽前山

Taken on June 23, 2013


 葉は輪生状に互生で付きいて長さが1〜3cmと小さく、その縁や表裏に淡褐色の毛に覆われています。

樽前山

Taken on June 23, 2013


樽前山

Taken on Aug. 3, 2013


 花冠が漏斗状で5裂した長さが5mmの小さな白い花を枝先に複数個咲かせます。

樽前山

Taken on Aug. 3, 2013


果実

樽前山

Taken on Sep. 8, 2013


Property

Rhododendron tschonoskii

分 類
和名: コメツツジ(米躑躅)
学名: Rhododendron tschonoskii
目: ツツジ目(Ericales)
科: ツツジ科(Ericaceae)
属: ツツジ属(Rhododendron)
分布: 日本、千島、朝鮮半島
国内分布: 北海道、本州、四国、九州
用途:
特 徴
針葉/広葉: 広葉樹
常緑/落葉: 落葉樹
樹高: 低木
葉形: 単葉(不分裂)
葉序: 互生
葉縁: 全縁
雌雄: 雌雄同株(両性花)

Googleでコメツツジを検索

コメツツジの文献を検索

他の樹木を閲覧