Inflorescence

花序

Indefinite Inflorescence

無限花序

用語 模式図 説明 事例
総状花序
(そうじょうかじょ)
ほぼ同じ長さの花柄がほぼ均等に花序の軸に付き、多数の花を咲かせる。(写真:シウリザクラ)
穂状花序
(すいじょうかじょ)
花柄の無い多数の花がほぼ均等に花序の軸に付く。さらに狭義には花序が細くほぼ直立するものをいう。広義には下記の尾状花序、肉穂花序、小穂を含む。(写真:キブシ)
尾状花序
(びじょうかじょ)
花柄の無い多数の花がほぼ均等に花序の軸に付き、花序が細く無花被または単花被の単性花で、通常は下垂する。広義の穂状花序に含まれる。(写真:シラカバ)
肉穂花序
(にくすいかじょ)
花柄の無い多数の花がほぼ均等に花序の軸に付き、花序軸が肉厚なもの。広義の穂状花序に含まれる。
小穂
(しょうすい)
重なり合った鱗片状の苞葉のつけ根に花を付けるもの。
散房花序
(さんぼうかじょ)
主軸に花柄が互生し、下の花柄ほど長く、全体が逆三角形になる。
散形花序
(さんけいかじょ)
散房花序に比較して軸が非常に短く、同じ場所から花柄が出ているように見え、花が傘状に広がるもの。
頭状花序
(とうじょうかじょ)
花序軸がふくらんで平面状になり、そこに花柄のない花が密生するもの。頭花または頭状花とも呼ぶ。(写真:ヤマボウシの蕾(白い花弁のような物は総苞片))

Definite Inflorescence

有限花序

用語 模式図 説明 事例
単頂花序
(たんちょうかじょ)
花茎(花のみを付ける茎)、葉脈(葉の付け根)、または枝の先に1つの花が咲くもの。(写真:枝先に花が付くキタコブシ(花弁を除去したもの))
単出集散花序
(たんしゅつしゅうさんかじょ)
軸の先に花が付いてから側枝の先に次の花ができ、これが反復するもののうち、主軸に互生するものをいう。単散花序とも呼ぶ。広義には1回の分枝で出る枝の数が1つの物をいい、下記の巻散花序、扇状花序、かたつむり形花序 、さそり形花序を含む。
巻散花序
(かんさんかじょ)
主軸の向きと反対側へ分枝するように反復し、渦巻きのように平面上に形作るもの。鎌形花序とも呼ぶ。鎌形花序とも呼ぶ。
扇状花序
(せんじょうかじょ)
主軸から左右交互に分枝し、平面上に形作るもの。
かたつむり形花序
(かたつむりがたかじょ)
同一方向にほぼ直角に分枝して、かたつむりの殻のように立体的な渦巻き状になるもの。
さそり形花序
(さそりがたかじょ)
左右交互にほぼ直角に分枝して、立体的になるもの。
二出集散花序
(にしゅつしゅうさんかじょ)
単出集散花序は側枝が1本だが、これが2本となって反復するもの。岐散花序とも呼ぶ。
多出集散花序
(たしゅつしゅうさんかじょ)
単出集散花序は側枝が1本だが、これが3本以上となって反復するもので、団散花序、杯状花序、隠頭花序を含む。狭義には節間や花柄が明確なものを指す。多散花序とも呼ぶ。
団散花序
(だんさんかじょ)
多出集散花序のうち、節間や花柄が短く、不明瞭なもの。団集花序とも呼ぶ。散房花序や散形花序にも似ているが、それらとは逆に開花が中心から外側へと続く。
杯状花序
(はいじょうかじょ)
退化した雄花と雌花がお椀状の、または杯状の苞葉に包まれていて、それ全体が1つの花のようにみえる。椀状花序または壺上花序とも呼ぶ。
隠頭花序
(いんとうかじょ)
花軸が多肉化して中央がくぼんで袋状となり、内面に多数の花をつけるもの。イチジク状花序とも呼ぶ。

Heteromorphous Compound Inflorescence

異形複合花序

用語 模式図 説明 事例
穂状総状花序
(すいじょうそうじょうかじょ)
無限花序の1つである小穂状の穂状花序が総状に配列したものもの。
穂状頭状花序
(すいじょうとうじょうかじょ)
無限花序の1つである穂状花序が頭状に配列したものもの。
散形総状花序
(さんけいそうじょうかじょ)
無限花序の1つである散形花序が総状に配列したものもの。
頭状総状花序
(とうじょうそうじょうかじょ)
無限花序の1つである頭状花序が総状に配列したものもの。
頭状穂状花序
(とうじょうすいじょうかじょ)
無限花序の1つである頭状花序が穂状に配列したものもの。
頭状散房花序
(とうじょうさんぼうかじょ)
無限花序の1つである頭状花序が散房状に配列したものもの。
頭状集散花序
(とうじょうしゅうさんかじょ)
無限花序の1つである頭状花序が集散状に配列したものもの。
巻散総状花序
(かんさんそうじょうかじょ)
有限花序の1つである巻散花序が総状に配列したものもの。(写真:トチノキ)
密錐花序
(みっすいかじょ)
有限花序の1つである二出集散花序が総状に配列したものもの。
円錐花序
(えんすいかじょ)
複合花序の中で、上の枝よりも下の枝の方が長く、全体が円錐状になるもの。複総状花序、穂状総状花序、散形総状花序、頭状穂状花序が円錐花序となりうる。(写真:複総状花序のノリウツギ)