sarasadoudan sarasadoudan sarasadoudan

サラサドウダン

Enkianthus campanulatus

 日本の固有種で、北海道の南西部、本州では兵庫県以北、四国では徳島県の山の岩場などに生えています。高さは4mぐらいになります。葉の長さは5cmぐらいで、枝先に集まって秋にはきれいに赤く色づきます。5~6月にお寺の釣り鐘のような大きさ1cmぐらいの小さな花を下向きにいっぱい咲かせます。楕円形の実ができますが、面白いことに花は下向きなのに対して実は上向きになります。[1][2]
 公園や庭によく植えられるドウダンツツジの仲間です。枝の分かれ方が「結び灯台(3本の枝を立ててその上に油の皿を置いたもので、よく時代劇に出てきます)」に似ていることから「ドウダン(灯台)」と名がついたそうです。さらに花にある赤色のしま模様が布の更紗模様(さらさもよう)に似ていることでサラサドウダンと呼ばれています。

脆弱な種

 本種は稚樹の生長が遅く、高木層やササの層があると、なかなか定着できません。そのため高木もササも生長しにくい岩場のような場所で個体を確認することができます。また、ニホンジカによって樹皮を剥かれるなどして個体数を減らしているそうです。[3][4]

Gallery

Enkianthus campanulatus

樹形

筑波実験植物園

Taken on May 8, 2010


 日本の固有種で、北海道の南西部、本州では兵庫県以北、四国では徳島県の山の岩場などに生えています。

筑波実験植物園

Taken on May 8, 2010


 葉の長さは5cmぐらいで、枝先に集まって秋にはきれいに赤く色づきます。

筑波実験植物園

Taken on May 8, 2010


 花にある赤色のしま模様が布の更紗模様(さらさもよう)に似ていることでサラサドウダンと呼ばれています。

筑波実験植物園

Taken on May 20, 2010


果実

筑波実験植物園

Taken on Sep. 19, 2010


 楕円形の実ができますが、面白いことに花は下向きなのに対して実は上向きになります。

Property

Enkianthus campanulatus

分 類
和名: サラサドウダン(更紗灯台/更紗満天星)
別名: フウリンツツジ
学名: Enkianthus campanulatus
(Syn. Tritomodon campanulatus)
目: ツツジ目(Ericales)
科: ツツジ科(Ericaceae)
属: ドウダンツツジ属(Enkianthus)
分布: 日本
国内分布: 北海道、本州、四国
用途:
特 徴
針葉/広葉: 広葉樹
常緑/落葉: 落葉樹
樹高: 低木
葉形: 単葉(不分裂)
葉序: 互生
葉縁: 鋸歯
雌雄: 雌雄同株(両性花)

Googleでサラサドウダンを検索

サラサドウダンの文献を検索

他の樹木を閲覧