akashide akashide

アカシデ

Carpinus laxiflora

 北海道の南部から本州、九州の雑木林や山に生えています。高さは15mほどになります。葉は長さ3~7cmの卵形で、先端が細く尖ります。若葉が出始める4~5月ごろに一緒に花も咲きます。特に雄花の苞や葯が赤いため、開花時は樹木全体が赤く見えます。樹皮は暗灰色で平滑、縦に流れるような特徴的な凹凸がありますが、同属のイヌシデほど太くはっきりとした筋にはなりません。[1][2][3]
 「シデ」は花や果実のたれている様子が、神棚のしめ縄から垂らす紙の「しで(紙垂/四手)」に似ていることから名づけられたといわれています。さらに、春の若い芽が赤いこと、また秋に美しく紅葉することから「アカ」が付けられ「アカシデ」になりました。
 アカシデの材は、シイタケを作るための榾木、また炭などに利用されます。公園にも植えられることが多く、アカメソロという呼び名で盆栽にも多用されます。

Gallery

Carpinus laxiflora

樹形

日光植物園

Taken on May 15, 2010


 北海道の南部から本州、九州の雑木林や山に生えています。高さは15mほどになります。

樹形

皇居東御苑

Taken on Apr. 5, 2011


雄花序

皇居東御苑

Taken on Apr. 5, 2011


 若葉が出始める4~5月ごろに一緒に花も咲きます。特に雄花の苞や葯が赤いため、開花時は樹木全体が赤く見えます。

雄花序

日光植物園

Taken on Apr. 30, 2011


アカシデ(右下)とイヌシデ(左上)

小石川植物園

Taken on Apr. 5, 2011


筑波実験植物園

Taken on May 8, 2010


 葉は長さ3~7cmの卵形で、先端が細く尖ります。

樹皮

付属自然教育園

Taken on Apr. 25, 2010


 樹皮は暗灰色で平滑、縦に流れるような特徴的な凹凸がありますが、同属のイヌシデほど太くはっきりとした筋にはなりません。

Property

Carpinus laxiflora

分 類
和名: アカシデ(赤四手)
別名: シデノキ
学名: Carpinus laxiflora
目: ブナ目(Fagales)
科: カバノキ科(Betulaceae)
属: クマシデ属(Carpinus)
分布: 日本、朝鮮半島、中国
国内分布: 北海道、本州、四国、九州
用途: 榾木、薪炭材
特 徴
針葉/広葉: 広葉樹
常緑/落葉: 落葉樹
樹高: 高木
葉形: 単葉(不分裂)
葉序: 互生
葉縁: 鋸歯
雌雄: 雌雄同株(単性花)

Googleでアカシデを検索

アカシデの文献を検索

他の樹木を閲覧