aodamo aodamo aodamo

アオダモ

Fraxinus lanuginosa var. serrata

 日本の固有種で、北海道(太平洋側)から九州(大分)までの山地に広く生えています(朝鮮半島や南千島にも分布しているとする報告もあります)。樹高は12mほど、直径で60cmぐらいにまで育ちます。樹皮は灰褐色で滑らかですが、縦に裂けることもあります。地衣類が付着することが多く、灰白色や灰緑色のまだら模様になることがままあります。葉は羽状複葉で小葉が1〜3対、小葉は長さ4〜10cmの楕円形で先端が細く尖り、鋸歯があります。4~5月に小さな白い花がたくさん咲かせます。果実は翼果で垂れ下がり、9〜10月ごろに熟します。[1]

先駆種と極相種の中間

 本種は先駆種と極相種の中間に位置すると見られています。林冠下で稚樹として過ごした後、ギャップが形成されると生長する樹種のようです。群生することはあまりありません。雄株と両性花株が混在しています。両性花の雄しべは退化していますが、雄株の雄しべよりも劣りますが生殖能力はあります。凶作の年が珍しくなく、豊作が1〜7年の周期で発生しているようです。一方で花は、毎年開花する個体と毎年は開花しない個体もあり、一定していないようです。
 冬芽、若い枝、葉脈、花序に毛があるものをアラゲアオダモ(Fraxinus lanuginosa、別名:ケアオダモ)、毛がほとんどないものをアラゲアオダモの変種としてアオダモ(Fraxinus lanuginosa var. serrata)と分類されています。また、ほぼ全縁の種をマルバアオダモ(Fraxinus sieboldiana)と呼びます。これらアオダモはいずれも大きな差が無く、その中間的な樹もあります。[2][3]

バットの木

 他の種類の木に比べてアオダモは粘りがあるため、野球で使われる木製バットにするのに優れた材料として有名です。ただし成長が遅く、バットの材料にするには80年近くかかります。野球に関係の深い木であるため、各地の野球場でアオダモが植樹されています。都心だと東京ドームなどに植えられています。[4]
 枝を水に浸して光にかざすと、水が青白く光って見えることから「アオ」ダモと名付けられたといわれています。別名でコバノトネリコと呼ばれます。

Gallery

Fraxinus lanuginosa var. serrata

樹形

筑波実験植物園

Taken on May 8, 2010


 日本の固有種で、北海道(太平洋側)から九州(大分)までの山地に広く生えています。樹高は12mほど、直径で60cmぐらいにまで育ちます。

冬芽

小石川植物園

Taken on Mar. 5, 2011


 葉は羽状複葉で小葉が1〜3対、小葉は長さ4〜10cmの楕円形で先端が細く尖り、鋸歯があります。

若葉

小石川植物園

Taken on Apr. 25, 2010



葉の裏


東京ドーム

Taken on May 1, 2010


 4~5月に小さな白い花がたくさん咲かせます。

樹皮

筑波実験植物園

Taken on May 8, 2010


 樹皮は灰褐色で滑らかですが、縦に裂けることもあります。地衣類が付着することが多く、灰白色や灰緑色のまだら模様になることがままあります。

青白くなった浸出水


Property

Fraxinus lanuginosa var. serrata

分 類
和名: アオダモ(青梻)
和名: コバノトネリコ、アオタゴ
学名: Fraxinus lanuginosa var. serrata
目: シソ目(Lamiales)
科: モクセイ科(Oleaceae)
属: トネリコ属(Fraxinus)
分布: 日本
国内分布: 北海道、本州、四国、九州
用途: 器具材、スポーツ用材(バット)
特 徴
針葉/広葉: 広葉樹
常緑/落葉: 落葉樹
樹高: 高木
葉形: 羽状複葉(奇数)
葉序: 対生
葉縁: 鋸歯
雌雄: 雌雄異株(両性花/雄花)

Googleでアオダモを検索

アオダモの文献を検索

他の樹木を閲覧