miyamamatatabi miyamamatatabi

ミヤママタタビ

Actinidia kolomikta

 本州の中部以北から北海道の山中の林内に自生しています。つる性で他の木などに巻きつき、高い木にも上っていきます。冬芽は外から見えませんが、これを隠芽(いんが)と呼びます。ミヤママタタビは葉痕部分がこんもりと膨らんだ葉枕(ようちん)に冬芽が収められており、春になるとこれを破って葉を出します。葉の大きさは長さが7〜12cm、幅が4〜8cmの倒卵形で、先が尖ります。葉裏の葉脈には軟毛が見られます。花弁が5枚の白い花を6〜7月に咲かせ、毛のないキウイフルーツに似た長さ2cmで楕円形の果実が8〜9月に熟します。甘酸っぱくて生食できます。灰褐色の樹皮は縦に裂けて剥がれ、若い蔓は紫黒色で皮目が目立ちます。[1][2]

ピンク色の葉

 近縁のマタタビ(Actinidia polygama)とはよく似ています。両方とも枝の上部にある葉の表面は花が咲く時期になると白くなります。ただしミヤママタタビはその後に紫紅色になりますが、マタタビは白いままです。遠くからピンク色のミヤママタタビの葉を見ると、まるで紅い花が咲いているかのように思えます。またマタタビは果実の先端が尖るが、ミヤママタタビは尖らないといった違いがあります。

Gallery

Actinidia kolomikta

樹形

北海道層雲峡

Taken on June 30, 2012


樹形

北海道層雲峡

Taken on June 30, 2012




葉の裏


葉枕

北大苫小牧研究林

Taken on Apr. 7, 2019


葉の展開

北大植物園

Taken on Apr. 29, 2018


雄花

北海道札内川園地

Taken on June 29, 2012


果実

北大植物園

Taken on Aug. 12, 2018


樹皮

北大苫小牧研究林

Taken on Apr. 7, 2019


つる

北海道札内川園地

Taken on June 29, 2012


Property

Actinidia kolomikta

分 類
和名: ミヤママタタビ(深山木天蓼)
別名: ウスバシラクチヅル
学名: Actinidia kolomikta
(Syn. Actinidia sugawarana)
目: ツツジ目(Ericales)
科: マタタビ科(Actinidiaceae)
属: マタタビ属(Actinidia)
分布: 日本、中国、南千島、サハリン
国内分布: 北海道、本州
用途: 食用(果実)
特 徴
針葉/広葉: 広葉樹
常緑/落葉: 落葉樹
樹高: つる性
葉形: 単葉(不分裂)
葉序: 互生
葉縁: 鋸歯
雌雄: 雌雄異株(両性花、雄花)

Googleでミヤママタタビを検索

ミヤママタタビの文献を検索

他の樹木を閲覧