miyamagamazumi miyamagamazumi

ミヤマガマズミ

Viburnum wrightii

 北海道から九州のブナの林から海岸近くにあるマツの林まで広く生えています。高さは2~4mになり、葉は大きさ6~14cmです。5~6月に白い小さな花をたくさん咲かせ、秋には大きさ8mmぐらいのきれいな赤い実ができます。ガマズミに比べて、ミヤマガマズミは葉の先端が細く長くなっていること、葉柄にまばらに毛が生えていることが特徴です。[1]
 同属のガマズミは人里に多くあるのに対して山の奥深くにあるということでミヤマ(深山)ガマズミと名付けられたと言われています。ガマズミという名前の由来は色々と説があり、はっきりしていないそうです。
 ミヤマガマズミの実はガマズミのそれと同様そのまま食べることもできます。

Gallery

Viburnum wrightii

樹形

日光植物園

Taken on May 15, 2010


 北海道から九州のブナの林から海岸近くにあるマツの林まで広く生えています。

日光植物園

Taken on May 15, 2010


 ガマズミに比べて、ミヤマガマズミは葉の先端が細く長くなっていること、葉柄にまばらに毛が生えていることが特徴です。

日光植物園

Taken on May 15, 2010


日光植物園

Taken on May 15, 2010


 5~6月に白い小さな花をたくさん咲かせます。

果実

歌才ブナ林

Taken on Sep. 22, 2013


 秋には大きさ8mmぐらいのきれいな赤い実ができます。

Property

Viburnum wrightii

分 類
和名: ミヤマガマズミ(深山莢迷)
学名: Viburnum wrightii
目: マツムシソウ目(Dipsacales)
科: レンプクソウ科(Adoxaceae)
属: ガマズミ属(Viburnum)
分布: 日本、朝鮮半島、サハリン、中国
国内分布: 北海道、本州、四国、九州
用途: 食用(果実)
特 徴
針葉/広葉: 広葉樹
常緑/落葉: 落葉樹
樹高: 低木
葉形: 単葉(不分裂)
葉序: 対生
葉縁: 鋸歯
雌雄: 雌雄同株(両性花)

Googleでミヤマガマズミを検索

ミヤマガマズミの文献を検索

他の樹木を閲覧